水中

 腰の負担が少ないトレーニング、ということで、数年ぶりに泳ぎに(プールに入りに)行ってみました。T市I体育館に行くと、補修工事のため9/21で閉鎖。で、ちょっと離れたスポーツクラブへ。

 まず、水中ウォーキング1往復して、平泳ぎ1往復。
 ここからトレーニングということで、

  • ビート板で腕を浮かせて、バタ足だけ
  • ヒョウタン形のビート板(板じゃないけど)を股に挟んで、クロールの手だけ

で1往復を交互に計10往復(もちろん、25mごとに休憩)。泳げる人から見たら「遊びじゃないぞ」と思われそうな、たった500mでしたが、私には充分な運動でした。

 腰も悪化せず、少しはトレーニングができたかと思います。

ソロソロと

 穏やかに生活している分には腰の痛みはほぼなくなりました。ちょっと踏ん張ったり、ねじったりすると、軽く痛みが走ります。

 ということで、なるべく負担のかからないトレーニングということで久しぶりにローラー台。痛くなったらすぐ止められるし。

 心拍系の電池は切れていて、ケイデンスメータもクランク変えてセンサー付け替えてないので使えません。なので感覚を頼りに、軽い巡航を30分(アップ, クールダウン各10分で計50分)、腰も痛くならず無事終了。

 やっている最中に気づいたこと。右腕と左腕で汗の出方が違う...。過去、こんなこと感じたことはないです。具体的には左側のでが悪い。腰が痛くなるのはいつも左側だし、左半身の代謝悪いのかな?

 明日以降、少しずつ強度を上げたトレーニングをしていこうと思います。

 

日曜には「御神輿担ぎ」の話があるのですが、欠席とさせてもらいました。ピキッと来て力抜けたら、全員が怪我する危険があるので。ちゃんと治して、今後の色々な活動に参加できるようにしなくては...。

腰が...

 今日は、里山の草取り隊。
 終わった後に、少し走ろうかとEpicを積み込んでいると腰に痛みが。特に、グキッとかしたわけではないのに、気づいたらなんか痛いな、という感じ。準備を進めていくと、少し痛みが増して、そこで小康状態。

 機能のジョギングが悪かったのか????
 あの程度で翌日痛んでいたら、運動できない身体ということになってしまう.....。

 草取り隊は、腰ベルトの助けを借りてなんとか無難に乗り切れました(ホントに無難に、なので、周囲の人に負担をかけたかも... この場を借りて、ごめんなさい)。が、とても走っても大丈夫そうな感覚ではなかったので、おとなしく帰宅して休養中。

 腰が弱すぎ...。短期的には、24時間耐久までに、長期的には来シーズン復帰を見据えて、何とかならないものかと探っていきたいと思います。

バランス

 今日は用事を済ませたあと、何年かぶりに「走り」ました。

 最近、時々参加しているヨガのクラスの先生に、下半身に比べて上半身、特に背中が弱そうに見える、と言われました。確かに、三角のポーズで腕がプルプルするし....。要はバランスが悪いということで、それは自分でも充分自覚してました。

 上半身が弱いと言われて、何で「走る」のかというと、???。
 ただ、自転車だと、下半身の特定の部分だけしか使わない状況になりがちです。色々使えるほど自分の身体と会話できればいいですが、そんなレベルではないので、じゃあ、違う運動をしよう、というわけです。

  • 上半身もオンロードを慣れた自転車で走るよりは使うかな
  • 24時間耐久では下半身も色々なところに負担がかかりそうだから使っておこう

などと考えました。

 で、走ったわけですが、過去数年、走ると膝が痛くなるのでかなりゆっくりペース。呼吸がまったく乱れないペースで約80分。最後の30分は、微妙な股関節と膝関節の痛みを感じながらでした。ゆっくりペースなので、痛くて走り続けたらまずい、という感じではなかったので続行。逆に、ちょっと走りの感覚を変えると痛みの感じ方が変わったりして、身体との対話のまねごとをした気分でした。

 XCライダーなので(なのです)、自転車乗るのが基本ですが、これからもいろんな動きも混ぜながら、来シーズンの復帰を目指したいと思います。

 明日は(自称)ホームコースの草取りのお手伝い。これもいい動きができそうで、一石二鳥です。

walking

 今日はTMKオンロードとS山公園オフロードの組み合わせのつもりで、バイクを玄関の外に出したところで、急に内臓にキューッという痛みが。激痛ではないけど、今までに経験したことない痛みで、とりあえずバイクを仕舞って身体を休める。
 しばらく横になったら楽になったので、昼食を取って休憩したら再出発、ということで活動再開。で、そろそろ行こうかなという頃に、今度は腰に軽い痛みが....weep。ひどい痛みではないけど、過去のぎっくり腰経験と質は同じで、いやな感じ。
 バイクは結構腰に負担かかるので、歩くことにしました。
 近所の水路沿い
 20110910_2
を1時間ほど。「てくてく」ではなく「スタスタ」のイメージで、蹴らない歩きを意識してみました。歩いていると、腰の痛みが引いてきた感じもあって、「やはり歩くのは基本だ」と思いつつ、階段を降りたらずーんという痛みがあったりで、そう簡単には完治はしませんが、身体を意識する時間が持てたのでいいwalkingとなりました。

 途中に出会ってびっくり。
 20110910_1_2

待ってて「都民の森」

 仕事休めそうな状況になったので、トレーニングのため急きょ休みに。
 ときどき耳にする「都民の森」を目指してみることにしました。家でのルート検討時には、余裕があればその先の風張峠も登って月夜見山まで足を伸ばすという、今思えば無謀なプランを作成。

 で、いざ出発。快調に走って(これが失敗でした...)五日市には1時間足らずで到達。
 いい感じで走っていると、十里木あたりで「都民の森 23km」の看板を見てガーン。せいぜいあと10km程度かと思ってたので、精神的ダメージ大。思えば、ルート検討時に距離を考えてませんでした。家から十里木までは20kmくらい(あとでgoogle mapで調べたら22km)として、まだ半分も来てない、風張峠なんて無理だし、都民の森すら行けるのか?、とちょっと弱気になりました。
 檜原村役場あたり
 Cimg0776
 で、既に足には(既に)心地よい疲労。上川乗の最後の分岐を過ぎたあたりでは、かなりな疲労で、ついに小休止。
 Cimg0777
 10分ほど休んで走り出すも足は重く「あと10km」の看板も絶望的に見ながらそれでも登っていきましたが、あと5kmくらいの数馬蛇ノ湯で再度休憩。
 Cimg0778
 ここで、大人の決断。このまま行くと、到着できても帰路が危険。今日はここまで。この時点で、走り出してから2時間20分。決断したということは、帰路もちゃんと走るということなので、疲労が増す中、ダラダラしないように懸命に家にたどり着きました。

 帰路は2時間弱。すごく疲れてます。

 反省。ロングライドの計画は距離の計算も忘れずに。

 次回はちゃんと覚悟してチャレンジ予定。それまで待ってて都民の森。

MTBは山だけではない

 今日は、M町の防災訓練に機動部隊として参加。
 20110904_1
 最初は本部に待機。
 しばらくして町内の各避難所の状況把握の指令。
 で、各自担当の避難所へ出向いて、避難人数などを確認してすぐに本部に戻って報告。
 災害時に電話が不通になり、路面状況も悪化した状況を想定すれば、MTBが一番確実で早いです!

 さらに、
 20110904_2
そこそこの大きさなら荷物の運搬もできます。

 実際のこういう活躍の場は来ない方がいいですけど、来てしまったときを想定しておくことは大切です。MTBは最強の乗り物だと改めて思った半日でした。

久々TMK

 夕方に少し時間が取れたので、久しぶりにTMK周回練。
 24時間耐久でどのチームで走るにせよ、ちゃんと走りたいので。

 危険なのでタイムトライアルはしたことないけど、目安のタイムは30分程度。巡り合わせがよくて、他の人とのタイミングが合って順調に走れて、自分もそれなりに頑張ったときで29分台。緩めに走って33分台。

 で、今日はとりあえず2周。(昨年までは3〜4周)
 1周目はどこまで頑張っていいのか身体の感覚も忘れていたけど、今の感覚であと3周走れるペースで走って31分半。上出来かな。
 2周目は落ち込まないように走って30分半。タイム自体は重要でなく、途中で時計を見ずに走って、1周目より落ち込まなかったのは、まだまだ精神的にも身体的にもXCライダーとして行けるかな、と自己満足。

 遠乗りやらも混ぜながら徐々にベースアップしていこうと思ってます。

なかなか

 今週末もちょこっとは乗ろうと思ってましたが、久しぶりに足の付け根に腫れもの。

 明日の通勤も、なるべくダンシングかな...。

やっぱり6トレから

 試験も終わり(結果はかなり悪いですけど...)、再始動。やはり、6トレからです。
 20110805 (ボケボケ...)

 久しぶりに土の音、葉っぱの音を聞いて、気分が晴れました。

 次の八幡浜には行きたいな、と噛みしめながら走り回りました。

«異音退治